付属品のチェックポイント

チェックの重要度は低くなってきますが、PC周辺の付属品についてチェックポイントを押さえておきます。
 
ラップトップPCのACアダプター
中古ラップトップPCにもともと付属していたACアダプターであれば、ほぼ問題ないでしょう。前述した「電解コンデンサーの寿命」が気になるところですが、通常の使い方をしている限りでは、ACアダプターの箱型ユニット部分が高温になることはありません。コンデンサーのところで触れた、かなり長い寿命が期待できる「65℃」という温度は、すでに触れば火傷するほどの温度です。そこまで過熱したACアダプターはあまり見かけません。したがって、あまり神経質になる必要はないでしょう。
 
問題は「もともと付属していたACアダプター」ではないものが付属しているケースです。同型機種向けのものならばもちろん大丈夫ですが、そうでないとなると気をつける必要があります。
というのは、実を言うとACアダプターというものについては「きちんと決まった規格がない」のです。それぞれのメーカーが好き勝手に作っています。ですから、見た目が似ていても中身は全然ちがうということがありえます。
たとえばPC本体にさし込むプラグ部分ですが、メーカーがちがうとほとんどの場合適合せず、ピタッと入りません。あえてそういう風に、他社の製品に合わせられないように作ることで流用を防止し、発熱・発火など不慮の事故を防いでいるという事情もあるのです。
 
  • どうしても流用しなければならないときは……
「もともと付属していたACアダプター」がどうしても利用できず、同型機種用のものも見つからないときには、やむを得ず別の製品を流用することになります。中古PCショップのスタッフが動作確認したものを付けてくれれば大丈夫ですが、そうでないときは最悪自力で探すことになります。
この場合にチェックすべきポイントを挙げます。
 
スイッチングアダプターであること
ACアダプターには「トランス式」と「スイッチング式」の2種類があります。
「トランス式」は古い方式で、オーディオ信号のノイズが抑えられるため、音響機器によく使われます。ずっしりと重く、かさばるのが欠点です。
「スイッチング式」は比較的新しい方式で、小さい、軽い、効率が良いと、多くの点でトランス式をしのぐ性能を発揮します。
PC用としてはスイッチング式が向いています。トランス式は避けてください(音響関係機器以外では、そもそもあまり出回っていませんが)。
 
プラグの形状と極性
PC本体のコネクターにぴったりと適合しなければならないのは当然です。元の電源プラグを抜き、通電しない状態でピンプラグを差して確認しましょう。
ぴったり適合したとしても、確認すべきことはまだあります。プラグ中心がプラスなのかマイナスなのかが、モノによってちがうのです。接続する機器の背面に、たいてい図が示されています。+の記号が中黒の丸印につながっていれば「センタープラス」-の記号が中黒の丸印につながっていれば「センターマイナス」です。これをまちがうと、最悪の場合、本体の電源部をこわします。しっかり確認してください。
 
  • 電圧と電流
アダプターが出力する電圧と電流の確認です。
まず、電圧はぴったり同じ数値でなければなりません。9ボルトならば9ボルト。10ボルトなら10ボルトです。大きくても小さくてもダメです。ぴったり同じ数値のものを選んでください。
他方、電流は、mA(ミリアンペア)の単位で記してあるものをチェックします。こちらは、ぴったり同じでなくてもOKです。ただし、元のものより小さくてはいけません。元と同じか、少し大きいならば大丈夫です。
 
なおも注意をうながしたい点があります。まれにではありますが、いい加減な作りのACアダプターも世の中には存在しており、表示されている通りの電圧・電流を出力しないこともあります。もちろん、そんなモノは使えません。極端な安物にはたまに見られますので、気をつけましょう。
 
  • 取り扱い説明書のたぐいは不要
取り扱い説明書などがすべてオリジナルのまま、そろって中古PCに付いてくるのは珍しいことでしょう。かなり必要性が低いので、なくても気にすることはありません。キーボード上の特殊機能キーや、コネクター類の説明が見たくなったら、メーカーのホームページにアクセスすれば情報は十分に得られるでしょう。
 
  • プリインストールされているOSやアプリケーション
これらも広い意味では「付属品」と言えるでしょう。
OSに関しては、Windows機ならWindows10、Macintosh機なら最新のmacOSの中古PCを選びましょう。Windows7のサポート期限は2020年1月14日までしかありません。Windows10ならば2025年までサポートが続きます。Windows7も決して出来が悪いわけではありませんが、Windows10に比べれば、よほど特殊な事情がない限りは選ぶ理由はないでしょう。
また、Windows8はおそろしく使いにくいOSとの定評がありますので、むしろ積極的に避けたいところです。
ということで、WindowsならWindows10のマシンを選びましょう。
 
  • リカバリーCD・DVD・必須ではない
デスクトップPCやDVDなどの光学ドライブを内蔵しているラップトップPCには、PCに大きな不具合が起きたときに工場出荷時の設定にもどすための「リカバリーCD」か「リカバリーDVD」が付いていることがあります。
これも、中古PCにもともと付属していたものがそのまま付いていれば、何かあったときのためには助かります。
しかし、最近はCDやDVDなどの光学ドライブを搭載していないラップトップPCも多くなってきました。ネットにさえつながっていれば動画や音楽を楽しめますし、ほとんどのアプリケーションソフトもオンラインでダウンロード&インストールできます。そういう事情で、光学ドライブの必要性が低くなっているのです。
OSの再インストールも同じです。肝心のメインPCがダウンしていたとしても、予備のPC(あるいはお知り合いのPC)がネットにアクセスでき、USBメモリーが使える環境であれば、十分に対応できます。
Windows10、macOS、いずれの場合も、OSのイメージファイル(ISOファイル)をダウンロードして、USBメモリーに書き込み、このUSBメモリーからブートすることでOSの再インストールが可能です。
このような次第ですので、リカバリーCDやDVDは必須ではありません。
 
  • プリインストールされたOffice
中古PCを購入する前に、プリインストールされたOfficeがマイクロソフト社の正規品であるかどうかはしっかり確認しましょう。場合によっては、フリーソフトである「Open Office」や「Libre Office」が入っていたり、キングソフト社のOffice無料体験版が入っていたりで「Officeプリインストール済」と称している悪質なケースがないではないのです。
「Office互換」をうたうアプリケーションソフトは意外と多く、有料で廉価版ならキングソフト社のほか、ソースネクスト社、ジャングルストア社、イーフロンティア社など5種、無料版は上に挙げた2種があり、Google Chromeブラウザーの拡張機能でも WordとExcelとPowerPointと互換性のあるファイル作成ができます。
しかしいずれも実際は「ある程度高い互換性」でしかありません。おのずと制約・限界はあり、ファイルが正規のOfficeで開けなかったり、正常な表示ができなかったりといった問題は頻発しています。多少、値ははりますが、正規品のOfficeを選びましょう。
ちなみに、最新のOffice 365はオンラインで契約&ダウンロードできますが、月額10ドルと高価ですので、あまりおすすめできません。むしろOffice 2016か、もう少し古いOffice 2010くらいの方が使いやすく、安定していますのでおすすめです。少し安く手に入るかもしれません。


中古パソコン中古ノートパソコンLenovo 中古パソコンpanasonic 中古パソコン東芝 中古パソコンDELL 中古パソコンHP 中古パソコンApple 中古パソコンNEC 中古パソコン富士通 中古パソコンlet’s note 中古Dynabook 中古Latitube 中古xps 中古optiplex 中古folio 中古probook 中古Elitebook 中古Zbook 中古iMac 中古Macbook Pro 中古Macbook Air 中古surface 中古iPad Pro 中古iPad mini 中古iPad Air 中古iPad 中古iphone 中古xperia 中古Galaxy 中古